虫観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Sat 20090307 悲しいこと

<<   作成日時 : 2009/03/07 21:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

とても悲しいことであるが、学校の授業ではどの位恵まれている環境で勉強できているのか自覚しずらい。
日本のように様々な系統に別れた大学があり、当たり前のように大学に通える。
これを恵まれていないと言う人はおそらくいないだろう。
しかし、実際勉強というものを履き違えている人がいないわけではないのだ。
「少年老いやすく学なり難し」と言われるように勉強は一生かかっても終わるか終わらないかの問題である。
はっきり言ってこういう意見は大衆うけしない。
みな勉強を嫌いなものいやなもの苦しいものという風に心に染み込まされているのだ。
これは本当に残念なことであり悲しいことである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

リンク集

プロフィール

名称:サル
日本のどこかに生息している謎の人物。 自称鉛筆削り職人。 その生態すら謎に包まれており 意味不明なコメントや記事を投稿したりする。
Sat 20090307 悲しいこと 虫観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる